我が子を「ゲーム依存」、「引きこもり」にさせないために  一建築家の提言 3

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 16:51

■ 第三回 『ゲーム依存症、引きこもり、にならない子ども』  −生活動線と親子のルール  −

 

 前回は、子どもが「ゲーム依存」、「引きこもり」にならないためには親と子の信頼をベースにしたルール作りと、会話が自然に発生しやすい環境、つまり家の構造や間取りが大切と記しました。まずルール作りから考えてみますと、子供の成長過程で、どんな親と子のルールを決めたらいいのでしょうか。子どもの精神年齢や性格によってルールも変わってくると思いますが、下記のことが有効ではないかと思います。

 ^貽のゲーム時間を明確に決める。 (30分とか1時間とあらかじめ決めておく)

◆.押璽犁,鯢屋に持ち込まない。   (ゲームをやる場所はダイニングかリビングと決めておく)

 ゲーム機を置く定位置を決める。   (リビングとかゲーム機の置く定位置を決める)

ぁ.押璽爐硫欟發蓮○までと決める。 (課金をあらかじめ決め心のブレーキをかける)

 親と子どもの間では、一度決めた約束を破ったらペナルティを課すことも考えてよいと思います。また子どもはほかの子がゲーム機を持っていれば当然ほしがりますが、親の方針として、ゲーム機を持たなくても生活に支障がない間は、できるだけ持たさないようにするという考えがあってもいいように思います。

 これは子ども部屋の与え方とも共通しています。子どもは物心がつくと自分の部屋をほしがりますが、、子どもの成長の度合いを測りながらどの時期に、どんな広さの部屋を、どんなルールを作って与えるかは大切です。しかし、親の役目としてもっと大切なことは、現実の生活にはワクワクすることがたくさんあることや、夢や創造性のあることに目を向けさせることなど、ゲーム以外の楽しみを子どもと共有していくことによって、間接的に「ゲーム離れ」を誘導することのほうがもっと大切ではないかと思います。

 

 子どもにとってゲーム依存がより深刻な問題として考えられるのは、発達段階の子どもの脳は、成人よりもゲームの刺激をダイレクトの受けやすいので、ゲームのプレイ時間をコントロールすることが困難であることが指摘されています。自分で制御できなくなった子供が、引きこもりになっていきます。ゲーム依存症は歴史の浅い病気であることから、治療の手当てが遅れていることも事実です。それだけに家庭の中で親が子どもとの間で、ゲーム機の取り組み方を真剣に考えておく必要があります。

  次回、第四回は、家族の会話が自然に発生しやすいリビングダイニングのありかたや、リビングダイニング、子ども部屋、親の寝室の動線について考えてみたいと思います。

※ 文中においてのご意見、ご質問、間取り等のご相談はメール、FAX(03 3348 2829)にてご連絡ください。

 

 

 

 

我が子を「ゲーム依存」、「引きこもり」にさせないために  一建築家の提言 2

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 12:49

第二回 『ゲーム依存症、引きこもり、にならない子ども』 ー生活動線と親子のルール 

 

 私は子どもの「ゲーム依存症」や「引きこもり」は、親子の会話と家の環境がキーワードと考えています。たとえばパチンコは18歳から、アルコールとタバコは二十歳からと年齢制限がありますが、ネットやゲームに関しては〇歳から接している子供も多くいます。

 年齢制限がないことは、それだけ依存症になりやすく、危険度も高いことを意味しています。幼児の子育ては家庭の責任が全てですから、家庭教育がいかに大切かがわかります。

 子供の成長過程で子供がゲーム依存症や引きこもりにならない子どもは、家庭でどんな過ごし方をしているのかを見ると、私は下記の 銑に記載したことに尽きると思います。

 /欧襪箸しか自分の部屋に行かず、いつもリビングダイニングルームで家族団らんの中で過ごしている子ども。

◆_搬加弔蕕鵑両譴任△襯螢咼鵐哀襦璽爐如⊆分の居場所がある子ども。

 家が好きで家族と一緒にいるのが楽しくて、家族との会話、コミュニケーションが多い子ども。

 上記の子供と親の関係は、自然に育まれるわけではありません。常に子供の成長を見ながら、居場所をつくってあげたり、親が意識して子どもとの信頼関係を築いていって初めて可能なのです。

 子ども部屋にしても、子ども部屋を与えるだけでは精神的な自立をしていくわけではありません。子供の成長を見ながら、与える時期、広さ、子ども部屋の占める位置を考え、与えることは大切です。与えたら親の役目は終わったとばかり放置してしまう場合が多いのですが、しっかり見守っていくことで、子どもは徐々に自立していきます。

 暮らしを営むには、その家族の様々なルールがあるはずです。子供の成長過程で、ゲーム依存や引きこもりにならないルールを幼児のうちから決めておくことが大切です。(具体的な親子のルールは次回掲載します)

 子ども部屋の位置と親子の会話時間

 また親子が一緒に過ごす家族だんらんの場はどんな場であればいいのでしょうか。リビングダイニングが、家具や物でいっぱいで足の踏み場もなかったら、子どもは食事が終わったら自分の部屋に戻ってしまうでしょう。当然居場所を見出すこともできません。またリビングルームと子ども部屋が遠く離れていたり、玄関から直接親の目に触れず、自分の部屋に行ける間取りであればどうでしょうか。この場合は間違いなく親子の会話時間は少なくなります。子どもがいつ帰ってきたか、いつ出て行ったか、出入りが分からない部屋であれば、ゲーム依存も引きこもりも、親が気が付いた時には手遅れになってしまうケースが多いのです。

 このように親子の会話時間と触れ合いの時間は、家の構造や間取りと深い関係があることが分かります。

 

次回第三回目は『ゲーム依存、引きこもり、にならない子ども』 −生活導線と親子のルール  −

 

※ 文中においてのご意見、ご質問、間取り等のご相談はメール、FAX(03 3348 2829)

我が子を「ゲーム依存」、「引きこもり」にさせないために。 一建築家の提言

  • 2019.07.29 Monday
  • 10:59

 我が子を 『ゲーム依存』、『引きこもり』  にさせないために  一建築家の提言

 

 元農林水産事務次官が長男(44)を刺殺した事件は、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」に耽溺し、定職に就かず引きこもり状態でした。相次いで、引きこもり状態の男が起こす事件を見て、「ウチも他人事じゃない」と思っている家庭が日本中たくさんあるはずです。

 厚生労働省によれば、現在日本でオンラインゲームを含めた病的なインターネット依存が疑われる中高生の数は、推定九十三万人と過去五年間で倍増していると言います。特に若者を中心にゲーム依存の問題は、さらに拡大し深刻化していくと予想されます。ゲームにはまってしまうと部屋にこもりきりになり、学校に行かなくなり、親が注意すれば暴言、暴力といった問題行動を起こし、やがては大切な自分の人生を台無しにしてしまいます。

 九年ほど前、私の著書「子供をゆがませる間取り」(情報出版センター), 「危ない間取り」(新潮社)を出版しました。犯罪者の家の間取りを掲載し、間取りから見えてくる親子の関係性や、子ども部屋のありかた、親子の会話の重要性を問題提起しました。

 ゲーム依存症や引きこもりの症状に、精神科の医師や、専門家の識者は共に改善の対処方法や、「これが有効だ」という確固たる治療法は今のところないといい、問題の深刻さを伺うことができます。そして唯一改善させ治療に結び付ける手だては、本人との話し合いではなく「家族との対話」だと指摘しています

「ゲーム依存」や「引きこもり」の重要なキーワードが「親子の会話」なら、親子が会話をしやすい住居空間も当然大切になってくるはずです。家の構造や間取りの良し悪しによって、会話の成立しやすい間取りと、しにくい間取りがあることを長年の設計経験で確認しています。今回の一建築家の提言は、住居空間をつくるプロの立場から、ひとつの提案ができるのではないかということが動機になっています。何回かに分けて掲載していきます。

 

次回、第二回目は 『ゲーム依存症、引きこもり、にならない子ども』 ー 生活動線と親子のルール ー

 

 ※ 文中においてのご意見、ご質問、間取り等のご相談はメール、FAX(03 3348 2829)にてご連絡ください。

        

 

U邸新築工事

  • 2019.07.23 Tuesday
  • 17:24

U邸新築工事  造作工事

造作工事が進むとお客様もようやく全体の建物の概要が見えてきますので、様々な変更や追加の希望が増えてきます。私の事務所ではそんな要望に対して、多少戻りの工事になったとしても、計画変更となって再度申請を出すことになっても、できる限り対応していきます。そんな小さな積み重ねが理想の家づくりに近づく作業と思うからです。

 

効率重視のハウスメーカーは工事途中の変更は高い金額になるか、基本的に変更はしません。お客様にとって初めての家づくりは、工事前にいくら詳細な図面や模型を見ても分からないものです。実際に建物が立ち上がって見えてこないと空間の感覚がつかめないはずです。 照明器具やコンセントの位置も同じです。電気工事で配線をした段階で、お客様と現場で再度確認をするようにしています。 事務所ではこの造作工事段階では、極力お客様に現場に足を運んでもらい、打ち合わせを重ねるようにしています。

リビングダイニングは家族のだんらんの場として居心地よく楽しい場にすることは大切ですが、空間として時間とともに陰影が変化したり一部吹き抜けを作ったりと様々な仕掛けを作ることも重要な要素です。上の写真は、ダイニングは低い天井ですがリビングは二層分の吹き抜けでトップライトから光が降り注ぎます。電動で開閉しますのでいつも新鮮な空気が循環します。

お客様からのお手紙

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 14:47

お客様からの『お手紙』

 

前回のブログでこれまでに設計をやらせていただいたお客様へ「住まいのチェックリスト」を送らせていただいたのですが、10年前に設計し完成したお客様から、近況を含めうれしい手紙が届きました。

楽しく過ごされている様子や、子どもの成長の様子がわかり、建築家としてとてもうれしい限りです。設計や工事中の懐かしい思い出がよみがえってきます。私の著書「子どもをゆがませる間取り」を読んでの設計のご依頼でした。子ども部屋はできるだけ狭くその分リビングを広く、家族がリビングに自然に集まれるような、そんな住まいだったと思います。階段を中心に回遊性を取り入れた楽しい間取りでした。

 

点検チェックリスト

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 12:41

『住まいの点検チェックリスト』 お役立てください。

 

長い期間建築設計や、増改築を含めたリフォームを手掛けていると、その数はこれまで200件を超えているのは間違いありません。設計させていただいてからずいぶん時間がたち、家族構成が変わって間取りの見直しや、経年変化による外壁、設備のリフォーム。その他耐震補強や、バリアフリーなどのご相談も増えてきました。

下記の『住まいの点検チェックリスト』はこれまでのお客様にお渡ししているものですが、ぜひご参考にしてください。

住まいの手入れは、「人間ドック」と同じで症状が出る前の早めの見直しが大切です。気が付いたところがあれば、お気軽にご相談ください。

U邸新築工事 

  • 2019.05.17 Friday
  • 15:06

U邸新築工事  造作工事

 

棟上げが終わると、構造の補強のため金物工事や筋違をし建物が耐震的に強くする工事をします。そのあとは屋根工事、外部に面している窓や開口部を固める鋼製建具工事に向け工事が進んでいきます。

ダイニングキッチンの位置です。右側の開口はダイニングのベンチが作られ上は出窓です。

東南の角地なのでロケーションが美しい。

この段階で筋違の位置、開口部の寸法を再確認します。

5月の「掲示板」 耐震補強、加齢対応、「検査済証」がない場合の手続き 

  • 2019.05.09 Thursday
  • 16:25

■ 「5月の掲示板」 耐震補強工事  バリアフリー工事(加齢対応仕様)  「検査済証」がない場合の手続き

      事務所として一年を通して、「住宅相談」、「家族を幸せにするカウンセリング」を開設し、無料で平面プラン、住まいの悩み、トラブルの相談などに対応していますが、このところ数年前と比べると、耐震補強やバリアフリーについても、考え方が変わっているようです。そんな相談が増えています。今回は「5月の掲示板」として下記3項目にまとめています。参考にしてください。

「家族を幸せにするカウンセリング」についても、住まいにおける様々な悩みや問題が、大きなストレスになっているケースもあり、事務所の間取りのアドバイスやリフォームによって解決するケースもあります。次回はそんな問題も取り上げてみたいと思います。

京都 宮脇 壇 ドローイング展 

  • 2019.04.26 Friday
  • 13:28

京都 『 宮脇 壇 ドローイング展・シンポジューム 』

 

以前のブログで、私の好きな建築家の一人に、吉村順三氏を挙げたことがありますが、吉村さんのお弟子さんの一人でやはり住宅設計の名手、宮脇壇も好きな建築家です。吉村さんはほとんど著書を残しておりませんが、宮脇さんは住宅や旅の本などたくさんの著書を残しております。私はほとんどの著書を読んでいますが、宮脇さんは残念ながら62歳で1998年に逝去されました。

今回の企画展は、写真のようにエスキース、スケッチなど自らの手で描いた図面が展示されていました。

シンポジュームも開催され、元所員の方や親交のあった方などが、建築家 宮脇壇氏の作品や魅力を語ったりとても意義深いシンポジュームでした。

宮脇さんは自身の建築思想と異なるハウスメーカーや住宅産業と、住宅作品や著書で戦い続けた人でもありましたが、作品の中に込められた家族の優しさがあふれた住宅作品を、作り続けた建築家でした。

彼がよく使った言葉に『かっこうが良ければすべてよい』とか『家の中から向うに自分の家が見えるのは楽しい』などがあります。家の中から向うに自分の家が見えるというのは、すなわち「中庭のある家」をさしています。宮脇さんの作品群の中に「中庭」を取り入れた作品も多くあります。都市住宅のあるべき姿や家族が楽しく暮らす器としての設計手法として、『中庭のある家を』思考していたのだと思います。そんなことも建築家 宮脇壇が好きな理由です。

建築雑感

  • 2019.04.11 Thursday
  • 20:40

「検査済書」がない場合の増築工事    こんなご相談が増えています。

 

■ 増築したいが検査済書がないため、増築ができない。

■ エレベータを設置したいが、検査済書がないと言うと建築業者から断られた。

 

上記については、調査、申請図面、手続きが複雑で住宅の場合、ハウスメーカーや工務店は敬遠してしまう場合が多いようです。

しかし、家族にとって家族のライフスタイルの変化や、加齢にともなうホームエレベータの設置。増築して親と二世帯同居にして一緒に住みたいと考えるのは当然の流れです。しかし、検査済書がない場合、代わりに行わなくてはならない作業と審査基準のハードルはとても高いのです。

私自身設計の体験から、エレベータさえあれば、自宅で家族とともに暮らし、生涯を全うすることができるのに、検査済書がないために(30年以上前の建物は検査済書を取得していない建物が多い)設置を断念せざるを得ず、やむなく老人施設に入居する事例が多くあります。とても矛盾を感じます。個々の家の構造によって取るべき対処は異なりますが、事務所としては可能性に精力的にお手伝いしていきたいと考えています。現在検査済書がなく、どこに相談したらよいか悩んだり、問題を抱えている方は事務所にご相談くだい。

※ お問い合わせはメール、FAX、お電話でご相談ください。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM