京都の桜

  • 2018.04.05 Thursday
  • 19:06

京都の桜  

毎年京都の桜は、東京より1週間ほど遅れて咲き始めるのですが、今年は暖かい日が続き東京とほぼ同じ時期に開花しました。それでも京都は枝垂桜が多いので、東京が終わってもかろうじて満開の枝垂桜を観ることができました。3月27日から寺町通りの画廊で水彩画のグループ展が開催されていて、私も二点出展しており、当番を兼ねていってきました。

 

寺町通りにあるヤマシタギャラリーでグループ展が開催されました。この通りは画廊や画材屋、そして鳩居堂の本店もあり落ち着いた好きな通りです。「葵祭」と「嵐山渡月橋」二点出しています。

平安神宮の神苑のなかの桜で、紅枝垂れとも糸桜ともいい、作家、谷潤一郎の「細雪」にも登場する桜で、染井吉野にはない繊細さがとても好きです。

少し散り気味の円山公園の桜です。着物を着た可愛い女の子が、いかにも京都らしく、東京のお花見と少し違いますね。

木屋町の高瀬川沿いの桜。かつての時代は船で行き来していました。川を200mほど下がると川沿いに建築家安藤忠雄の設計した初期の作品(ブティック)があります。

京都から京阪電車で20分ほど行った八幡市で保津川と木津川の挟まれた背割堤 の桜です。堤沿いに1,4キロほど続く桜並木で、懐かしく感じる牧歌的な風景でした。

京都 五山の送り火 「大文字」

  • 2013.08.18 Sunday
  • 19:09
 夏の風物詩 五山の送り火「大文字」

京都の夏をいろどる風物詩「大文字」焼きが16日行われました。
この日も37度以上の猛暑で、日中の打ち合わせが終わり、ビールを飲みたいところを、ぐっと我慢し、夜8時の点火を、この日は銀閣寺の近くで(大文字山の登り口の近く)観ることにしました。
五山の送り火は、お盆の精霊を送る宗教行事で、京の夏の終わりを飾る行事でもあります。毎日がうだる暑さが当分続き、早く涼しくならないかと思いつつ、去りゆく夏に淋しさも感じました。



点火した直後。間近なので燃える煙が見えます。



夜空に浮かぶ燃え盛る「大」の字を観ながら、この一年で亡くなった親しい何人かの方を想い、偲びました。数百年続くこの宗教行事も、地元の人だけでは人手が足りず、ボランティアの方々の協力がないと維持出来ないとのことです。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM