「狭小住宅」 と 中庭 ・ すき間 O (ゼロ)工法

  • 2013.08.14 Wednesday
  • 13:08

「 狭小住宅」 中庭 ・ すき間 ゼロ 工法 について

狭小住宅はいつの時代でも根強い人気があります。
狭くても自分なりのこだわりの家を持ちたい。マンションを購入するより同じような金額で狭い土地を探し、自分の土地に住みたい。等々。

理由は様々ですが、土地が見つかりいざ建物を建てる時になって、自分の思う設計プランが設計側から提案されず、悩んでいる方が多いようです。

近年そんな相談も多く、設計プランを拝見する機会も多いのですが、希望する部屋数はかろうじて満たしているものの、太陽の光や風通りも悪かったり、また狭小住宅だからこそ小さくとも中庭が欲しいのに無かったりします。

私の事務所では、狭小住宅にこそ小さくともほっと出来る中庭は必要と考えますし、これまで設計に組み入れてきました。

中庭を作ろうとする、設計の工夫も大切ですが、手段の方法のひとつとしてすき間ゼロ工法も有効な方法です。
この工法は、一般的に隣地境界から、仮設足場や外壁の作業スペースとして建物を400以上離す事が多いのですが、隣地境界線上まで足場なしで建てることが出来る工法です。

現在進行中の京都の住宅でも一面(東側)を行いましたが、狭小住宅のように面積が狭い場合は、特に有効です。
設計では道路に面する以外の3面をすき間ゼロにしなくても、2面かあるいはそれぞれ150ほど離し、節約した空間を中庭の面積にあてるなど、近隣の状況や太陽の採り入れ方に合わせて、判断するようにしています。


下記は京都の住宅A邸の工事をしていて、すき間ゼロを数多く施工している株式会社徳永建設のHPの一部です。        


 



 東京でもすき間ゼロ工法は施工していますので、平面プランで納得がいかない方やすき間O(ゼロ)工法に興味のある方は、設計プランを含めご相談下さい。                

極小住宅  2   極小住宅敷地 のお知らせ

  • 2008.11.20 Thursday
  • 15:57


 土地を探しているお客様と、時々同行しておりますが、私から見てとても魅力的で良い住宅が建つ土地でも、どうしてもそのお客様の条件に合わなく見送るケースがあります。

 極小住宅を建てようと思っている方も多く、そんな方のために情報を提供しますので興味のある方は、ご連絡ください。















■ 土地と風景
 新宿から京王線で10分のこの土地は、駅前商店街を過ぎ公園に沿ってある、三角形の敷地です。北、東、南 と開けているので朝から太陽の日射しを損なう事はありません。

 公園の桜や樹木は素晴らしく、2階のリビングルームから目の前の公園の四季を楽しむ事ができます。


 ・ 図面の画面をクリックするとサイズが大きくなります。

 ボリューウムを出すためのスケッチでは 間取りは 3LDK です。詳しくはご連絡下さい。
 













calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM