私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.08.10 Friday
  • 11:14

コラム 「私の中庭(コートハウス)論」  二世帯住宅・同居と中庭(コート)  第七回

 

二世帯住宅の設計

いちがいに二世帯住宅といってもその形態は様々です。親世帯と子世帯との間でどこまで分離し、共有するか

よって、二世帯住宅の性格付けが分かれます。たとえば夫婦の寝室、リビングダイニングキッチンは別々にし、

その他は共有の場合と、寝室、浴室、洗面洗濯は別々にし、その他は共有の場合とは、人間関係も家族の距離

の取り方も大きく異なってきます。いずれにしても二世帯住宅の設計は間取りにおいては一緒に暮らすことが、

お互い違和感を感じず、暮らしが一体になれる人間関係を、どう一つの家の中に作っていくかが、設計の要点

になります。二世帯住宅の場合、中庭(コート)を設計に取り入れるとしたら、どんなメリットがあるのか、

ハードウェア的な面と、ソフトウェア的な面から、二回に分けて考えてみたいと思います。

在来型の家で最も多い間取り(平面プラン)は,nLDK型(nは部屋数)の間取りです。玄関に入ると廊下があり、

両サイドに部屋が並ぶといった、中廊下型の住まいで、現代のほとんどの家がこんな描写の中に納まっています。

昔も今も、陽あたりと、風通しは、日本における健康な家づくりのキーワードです。そのことが分かっていながら、

陽があたらず、風通しも悪い中廊下型の住まいを選択してしまうのはなぜでしょうか。

この中廊下形式で二世帯住宅を考えると、独立された部屋は、ドアを閉めれば家族の気配は全く分からず、室内の

風通しを悪くするばかりでなく、これでは人と人、家族の心と心の風通しをも妨げてしまいます。

中庭(コート)をもった二世帯住宅ならどうでしょうか。

中廊下を無くし、リビング、ダイニングを含めそれぞれの部屋を全て中庭に開口部を持つようにします。

間取り的にはそれぞれの部屋とリビング、ダイニングをどうつないでいくか、そのことによって「広がりのある空間」

をつくり出していきます。どの部屋も明るく風通しがよい住まいが実現します。そして、中庭(コート)を通して

家族関係で大切な、姿が見える。声が聞こえる。様子がわかる。が可能になり、たとえ会話を交わしていなくても、

お互いの理解度は深まります。

二世帯住宅において三世代が一緒に暮らす以上、トラブルの種はいくつも生じるはずです。そんな紛争の種を

できるだけ減らす、住まい方の工夫や、役割も中庭(コート)はもっていると考えます。

次回は中庭(コート)自身が陽あたり、風通し、のほかにどんなメリットがあるか、考えてみたいと思います。

 

※ 次回「二世帯住宅と中庭(コート)」 (2)は、夏休みをいただき、8月21日(火)に掲載予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 16:04

コラム 「私の中庭(コートハウス)論」  第六回 「夫婦と中庭(コート)」 (2)

 

Sさんにとっての中庭(コート)

私の設計した「中庭(コート)のある家」に住んでおられるSさんのお話です。Sさんの住まいは、玄関に入ると

長いベンチがあって、目の前のインドアの中庭には、3M以上の竹が植えられています。

職業はIT関係でとても忙しく、帰りもいつも11時過ぎで、会社では常にストレスにさらされている状態だ

そうです。Sさんは帰ってくるとしばらくの間、ベンチに座って竹林の先の夜空を見上げるのだそうです。

ある夜は、月の光やその光が竹の林に降り注いでいるのをじっと見上げていると一日の疲れや、ストレスも

癒され、優しい気持ちになるということです。

Sさんにとって中庭(コート)は、気持ちを切り替え、明日の再生産の場として、とても大切な居場所であり、

なくてはならない場といわれています。

 

中庭(コート)空間  大人が求める居場所

夫が住まいに求めているものと、妻が住まいに求めているものは当然異なりますが、共通しているのはともに

「家庭の中に自分のスペースがほしい」、「自分一人になれる場所がほしい」ではないでしょうか。

言い換えれば、自分自身の居場所の確立を望んでいるともいえますが、住まいの中にどこにも見いだせない

現状がストレスを生んでいます。

子どもが求める居場所は、成長過程で親が居場所を見つけてあげなければなりませんが、大人は家づくりの

段階で、どんな暮らしを展開しようとするのか、どんな家族関係を築こうとするのかを考え、また夫婦が

それぞれの居場所を含めた検討をしておくべきなのです。夫婦を結ぶ絆それが[住まい]なのだと思いますが、

現実はあまりにも安易に住まいを考え、家づくりをしているような気がします。

 

中庭(コートハウス)の歴史は当初自然の猛威から身を守るため、防壁や部屋で囲んで真中に中庭(コート)をとった

形態が発祥でしたが、現代は都市住宅の置かれている環境悪化や、個人の自立、そして囲まれて自分一人に

なれる機会に恵まれるためストレスから逃れる場として中庭(コート)は有効に働くのではないかと考えます。

 

※次回の「私の中庭(コートハウス)論」 第七回「二世帯住宅・同居型と中庭(コート)」は8月10日に掲載予定です。

 

 

 

 

家族と中庭

  • 2014.03.31 Monday
  • 12:36

『家族と中庭』 子供と中庭」 子供にいつまでも残してやりたい年中行事。中庭で復活


日本には春夏秋冬という四季があり、それぞれの季節にふさわしい、暮らしにとけこんだ歳事、年中行事があって大切にされてきました。

しかし、近年生活が便利になり、家族も忙しく、季節を味わったり、年中行事の意味を考えることも無くなりつつあります。

簡素化されつつある年中行事ですが、住まいから縁側、土間、床の間などが無くなり、合理的な2LDKや3LDKではやりたくてもその場が無いということもあるかもしれません。

誕生日、家族旅行、クリスマス、バレンタインデーといったイベントは年中行事として今日習慣化し定着していても、正月、節分、七夕、盆、月見といった伝統的な年中行事とは意味合いが異なります。


子供が家族とともに四季を感じ、日本の風習、伝統を肌で感じ取ることは、豊かな感受性や創造性を育む大切なことでもあります。

『中庭』空間があれば、七夕には中庭に大きな竹を入れ、短冊に願い事を書き、たくさんの子供達と楽しんだり、秋のお月見には中庭にススキやお団子を飾り家族中でお月見をしたり、様々な演出や工夫が可能です。

そんな思い出は、子供の記憶に家族と過ごした幸せな時間として、いつまでも残っていきます。


『中庭』空間が住まいの中にあることが、暮らしに豊かさとゆとりになっていきます。

   

 

 

家族と中庭

  • 2014.03.27 Thursday
  • 17:00

「家族と中庭」  『子供と中庭』    協調性や豊かな創造性を育(はぐく)む中庭


現代の戸建住宅やマンションには、かつての時代のような縁側、床の間、屋根裏部屋、縁の下といった空間はありません。  無いというより戦後アメリカのモダンリビングの影響や土地の高騰そして経済効率主義優先で排除されたといってもいいでしょう。

しかしその後の検証で、不要な空間として無くなってしまった空間が、実は子供の成長にとってとても大切な空間であったことが明らかになっています。


京都大学名誉教授の会田雄次氏は、著書で子供の成長と住空間について次のことを記しています。要約すると

アメリカのある高校で勉强が出来る優秀な学生を集め、育った住宅についてのアンケート調査をした結果の話です。

勉强は優秀だが協調性や創造性が欠如しているタイプの学生は、共通して住んでいる家は合理的なムダのない空間、つまり日本のnLDK住宅のような家で育ったといいます。

一方優秀でかつ協調性や創造性豊かな学生の育った家は、小屋裏部屋や地下室といった、一見ムダとも言える空間がある家で幼年時代を過ごしたといいます。

また会田氏はこうも記しています。都会に育った子供と田舎で育った子供を比較して、田舎で育った子供のほうが概してユニークで個性豊かな子供が多いのは、少なからず、住まいの環境が都会と比べ豊かだからだろうという言い方もしています。

現代の住まいに縁側や屋根裏空間をそのまま作ることは無理だとしても、住まいの中に組み込む中庭は、十分子供の協調性や創造性を育む空間として機能すると考えています。

「中庭」は寝室、子供部屋といった用途が固定された部屋と違い、家族の成長やライフスタイルによってまた子供の成長過程によって自由に変えることが出来るフレキシブリ性を持っています。そのフレキシブル性が今後の住まいにとってとても大切な要素です。

また中庭は『子供と中庭』で記したように精神的及び情緒の面で様々な効用がありますが、中庭の効用として、さらに協調性や創造性を育むことを合わせて考えれば、『中庭の設計』のあり方ももっと検討されていい空間だと考えます。







 

家族と中庭

  • 2014.03.24 Monday
  • 16:34

『家族と中庭』 

敷地は狭小の方向をたどり、隣家と軒を接して建てざるを得ない現代の住宅環境。

その中でプライバシーを確保しながら自然を呼び込み、室内と戸外が一体となった豊かな住空間を得ようと思う時、中庭は今日最も有効な設計手法のひとつと言えます。

中庭は快適さや機能の面が語られることが多いのですが、家族の側から中庭を見た場合どうなのかを何回かに分けて考えていきたいと思います。


「子供と中庭」  子供の目線から中庭を考えたことがありますか。

家の設計で中庭を取り入れるかどうかは親の判断によりますが、成長過程の子供にとって中庭がどんな役割をはたすかはほとんど考えられた事はありません。

子供の目線になって中庭を考えた時、様々な側面が見えてきます。 参考にして下さい。


・家族と(親)といつも繋がっているという安心感。

子供室から中庭を通してリビングやキッチンの親の姿や気配が分かり精神的な安心感がある。 

・中庭は子供にとっての居場所になる。

閉鎖的な現代の住まいで、勉强に疲れたり気分転換したい時、中庭空間はほっと出来る場所。

・中庭は子供が成長後、家の記憶として心の寄りどころになる。

幼い日中庭で親と遊んだ、砂遊び、水遊びは愛された思い出としていつまでも心に残ります。

・中庭の樹木や花は親子のコミュニケーションを生みます。

中庭の樹木の成長や季節の花、お月見は親子の会話を生み、家の愛着と心の優しさを育みます。


上記のことは私が様々な年代の家族の中庭を設計している中で見えてきたことでもありますが、ただ単純に中庭をつくればいいというものではなく、家族像をしっかり読み取った上での中庭設計が大切だと考えています。





 

中庭を考える   慍搬欧寮長と共に変化』

  • 2014.02.04 Tuesday
  • 19:06

中庭を考える 

 『中庭』は明るい日差しや、風の通り、植栽を楽しむというばかりではありません。

家族の気配が分かる事や,会話が増え身近に家族を感じることも中庭の大きな効用ですが、
家族の暮らしやライフサイクルによって中庭を変えていくことができます。




上記の写真は中庭に、フローリングが貼っています。貼っているというよりすのこ状に固定しています。

家族構成はご夫婦と遊び盛りの小さな男の子です。

家の外は車が激しく危なく、三輪車で思う存分遊ばせたいとの思いから、中庭のほとんどのスペースに板を貼り、
子供の遊び場にすることにしました。

このスペースなら思い切り三輪車に乗っても大丈夫です。


そして子供が成長した時には、板をはずし植栽を植たり、家庭菜園を楽しむ計画です。


またその後の利用としてバリアフリー仕様にし、歩行訓練やリハビリにも中庭は使えそうです。

家族のライフスタイルの変化や、成長に合わせて、住居の中に小さくてもまとまったスペースを作っておくことは、暮らしや気持ちの余裕に繋がっていきます。




室内に中庭(インドアガーデン)のある家

  • 2013.05.08 Wednesday
  • 10:16
インドアガーデンのある家

高台にあるK邸は、設計の最初の段階から、中庭が希望でしかも、住まいの中に作りたいとの希望でした。

夕食が終わった後や、ブランチなど中庭のテーブルにスムーズに移動し、照明を絞り外の景色や星空などを楽しみたいとのことでした。



東側の窓とトップライトから、圧倒的な光の量が降り注ぎます。風は東から入って西側の窓や、ダイニングのトップライトから抜けていき気持ちのいいエコな住まいです。

この空間には、コンテナボックスに入った吹抜に負けない樹木が入る予定です。 緑の葉の先にFIX窓を通して美しい遠景がみえます。
左の窓は寝室の窓で、ベットで横になりながら、中庭の緑を見ることが出来、緑と豊かな空間を楽しむことができます。






左側の壁から突き出た箱は、プラントボックスで花や、緑の蔦が入り、横の照明によって美しく浮かび上がります。




この写真はリビング・ダイニングから中庭を見ています。リビングの空間と一体になり、子供が走り回ってもキッチンから子供の様子が全て分かります。



引越し前の写真ですが、トップライトからの光が降り注ぐ中庭には大きな樹木が入り、夜は日中とは異なる素敵な空間になるはずです。

中庭を中心に部屋がならびます。ダイニングの上部は、トップライトがある吹抜を挟んで子供部屋があり、吹抜を通して子供の気配が分かります。
キッチンの横に階段があり、子供が二階へ行く時は必ずリビングとキッチンの横を通るので、家族とのコミュニケーションが自然に生まれます。



 

中庭のある家  竣工して一年目の訪問  

  • 2013.04.09 Tuesday
  • 10:37
中庭のある家

引き渡し後ほぼ一年後の訪問で、工務店の担当者とチェックに行って来ました。

小さくても中庭のある家が希望だったTさんは、中庭にご夫婦で手作りでウッドデッキを敷いて、真ん中にオリーブの木が植えられていました。

最初から植木屋さんを入れ、大きな木を植えられる家族もおられますし、Tさんのように自分たちで小さな木からその成長を家族で見守っていくという選択もとてもいいと思いました。



ご夫婦手作りの中庭。 正面の格子をから玄関や道路の様子が分かります。正面上部はルーフバルコニーで、二階の部屋から回遊することが出来、子供がゲルゲルと走り回っています。



道路からも格子を通して中庭やオリーブの木が見えます。 家が実際の面積より奥行きがあり大きくみ見え、どの部屋にも光と風が通ることが分かります。

中庭の位置

中庭のある家を希望される家族は、Tさんの住まいのように道路から中庭を見えるようにする場合と,完全に住まいの中に入ってしまう場合と分かれます。
土地の形状によっても変わりますが、それ以上に中庭を作り、家族がどんな暮らしのイメージを持つかによって変わってくると言っていいでしょう。



リビングからも中庭や外の様子が見えます。オリーブの木が大きくなるのが楽しみです。その時はまた違った景色になるでしょう。



ロフトに上がる階段の途中から。 中庭を中心に家族の暮らしが広がります。



家中が子供の遊び場です。 右側のロフトへの階段手摺は子供の滑り台としても利用。途中の四角い穴は手掛け用になっています。
吹抜の天井には二つのトップライトがあり、爽やかな光が降り注ぎます。



ロフト階。 設計ではお父さんのオーデオルームでしたが、すっかり子供に占領されていました。

1階には子供のプレールームもあるのですが、お母さんの声や、お父さんもいるリビングと同じ空間に居たいのは当然といえば当然のことですね。

設計打ち合わせ当時は小さかった二人の子供も(男の子)もすっかり大きくなり、家中を駆け巡り、ずいぶんたくましくなっていました。

設計の打ち合わせ場所は、子供が走り回るので、カラオケルームで図面を広げて打ち合わせしたことなど、懐かしく思い出しました。 

狭小地でも 「中庭のある家」 ができる (2)

  • 2012.07.26 Thursday
  • 13:49
■ 玄関と中庭 

玄関に入った時の第一印象は大切です。玄関先だけで帰る方もおられますし、玄関は家の個性と共に、住む人の人柄まで現し、暮らし方や考え方まで垣間見られる大事な場だと考えます。

私はプラン作りの出発点は玄関からいつもスタートします。
精神性、機能性、そして家族が帰った時ホットする心落ち着く玄関を常に設計の大切なポイントと心掛けています。


玄関に入ると中庭がみえる
玄関に入ると中庭が見えるプランをよく設計します。
現代の家の玄関は、ほかのスペースは広くても玄関にはあまり気を使わず、単なる「靴脱ぎ場」としてしか考えていなく、暗く日中でも電気を点けなければなならない家が多い。そしてスペースも狭苦しい場合が多いのですが、目の前に中庭があると新鮮な驚きを受けます。

また、明るさ、風通り、陰影、広がり、そして中庭の樹木や花は住んでいる人の想いや温かさを伝えます。


(ブログ2012・06・12の続き・ 敷地図参照)
A,B 案とも玄関とホール、中庭が一体となったプランです。 住む家族の暮らしやこだわりによってガラスの大きさ、見せ方、そして照明の演出、仕上げの材料を決めます。
 

A 案  1階平面図
  


エントランス(ポーチ)の格子から中庭の樹木が少し見え、玄関に入ると大きなガラスから中庭が目に入ります。敷地面積は狭いのに中庭、玄関ホール、階段が一体となった空間はとても豊かです。
【サニタリー部分】 洗面所・浴室 
洗面所・浴室から中庭が見え、とても明るく気持ちが癒されます。それぞれ2ヶ所の窓があり風が吹き抜けていきます。 

中庭の見え方は、上部の木製ブラインドで調整します。玄関収納の下は間接照明で足元を優しく照らし家族を温かくむかえます。足元を照らす間接照明は、お年寄りにも限りなく優しい。


B 案  1階平面図



アプローチから右に植栽を見ながら玄関に入ると、正面に中庭が広がっています。玄関ホールはA案ほど広がりはありませんが、その分だけ落ち着きがあって、上品な玄関です。
【サニタリー部分】 洗面所・浴室
浴室の前には中庭に面したバスコートがあり、アウトドア気分の気持ちのよい空間です。洗面所側にも中庭が見える窓があり、明るく風が通ります。
                                      



玄関も部屋のひとつです。どこにも照明器具は見えません。狭いからこそ照明器具を見せず、和風の趣きを見せ、全て間接照明(建築化照明とも言います)で空間をやわらかく演出しています

狭小地でも 「中庭のある家」 ができる

  • 2012.06.12 Tuesday
  • 15:50
  1. 『中庭住宅』プラン の考え方

    狭い敷地に 「中庭のある家」 がつくれないかという事をよく質問されます。
    敷地の間口が狭かったり、敷地そのものが変型しているため、希望だった中庭が出来ないと諦めてしまう方も多いようです。
    私のこれまでの設計の中から最近の例で、狭い敷地でも中庭住宅が実現出来た計画案をたててみます。
    ぜひ諦めないで参考にしてください。 
     


    ■ この敷地は角地で、面積が56屬任后3冀呂里燭瓩匹鵑雰て方をしても庭がとれてもプライバシーが保てないので、なんとか中庭を取れないかという要望でした。

    希望の条件は、ガレージ、自転車3台、広いLDK,寝室、子供部屋、ゲストルーム、サニタリー。
    そして中庭があって「どの部屋も明るく風が通る間取り」でした。



    敷地を見ると、東側と南側は建物に囲まれ日照は期待できませんでした。
    この敷地の場合、ガレージをどの位置にするかによって建物のレイアウトが大きく変わることがわかります。
    打ち合わせをしながら、2案中庭のあるプランを提出しました。 何回かに分けて掲載します。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM