K邸新築工事

  • 2017.09.04 Monday
  • 16:25

K邸新築工事 造作工事 2

 

大工さんが中心に仕事が進んでいきますが、給排水工事の配管工事、コンセント、スイッチを含めた電気の配線工事などの職人さんが入ってきます。これ等のの工事は、壁天井の下地材が貼られると見えなくなってしまうので、この段階でお客様と一緒に確認をしていきます。

配水管、給湯、給水、などの配管の途中ですが、振動、共鳴が出ないようにしっかり固定します。

 

 

ロフトに上るスケルトンの階段です。

防水紙を貼るまえの構造用合板の状態の北側外観です。

防水紙を貼った、南側外観です。K邸は南側に寝室、子ども部屋を配置しています。北側の素晴らしいロケーションを優先しリビングダイニングを北側に配置していますが、南の太陽の光は、大きなトップライトによってダイニングに入ってきます。

N邸完成間近

  • 2017.07.30 Sunday
  • 18:29

N邸週末住宅

この家は、家というよりNさんが海を見るためだけに気に入った場所を購入し、必要最小限のスペースを確保し、どこにいても海が見えるように設計しています。

 

シンプルな屋根にし、1階の外壁の色は自然色の茶色としています。2階はベージュが入った象牙色でツートンにしています。

1階からのロケーション。左の大きいFIXガラスは、防犯ガラス。角に机を置いて読書しながらも海が見えるようにスリットの開口を設けています。

2階から同じ方向の海を見る。ルーフバルコニーには厚さ40程の無垢板が貼られる予定です。壁天井は下地調整が終わり、仕上げ材を待っています。

N邸週末住宅新築工事

  • 2017.02.07 Tuesday
  • 11:38

N邸 週末住宅新築工事

 

写真でもわかるように、Nさんが週末に訪れ心行くまで海を着て過ごすための、最小限の広さの家です。地鎮祭と遣り方が終わり、いよいよ本格的な工事が始まります。

 

地盤を固めています。この作業が終わったら防湿シートを貼り、スラブ筋を配筋していきます。間取りの壁芯にそって型枠を組むため、鉄筋を立ち上げて行きます正確なピッチで鉄筋を組んでいきます。地盤からの高さや鉄筋のかぶり具合など、コンクリートを打つと全く隠れてしまうだけに、念入りにチェックします。現場での打ち合わせが終わりふと海をみると、美しい夕焼けの彼方に、富士山よ多摩連山ののシルエットが見えました。

N 邸新築工事

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 16:00

N 邸 週末住宅

 

山の斜面の敷地なので、地盤調査の結果を心配していたのですが、問題ありませんでしたので、地業工事がスタートしました。糸で建物の芯をだし、掘削していきます。

これからの作業は、底盤スラブの配筋をし、型枠を組んでいく作業になります。 12月になって思いのほか暖かい日が続き、ここ安房勝山は東京とくらべ3度ほど高く、春のような日差しでした。

週末住宅 房総

  • 2016.07.25 Monday
  • 11:55

週末住宅  千葉県房総半島

Nさんは定年になったら、千葉県房総半島に週末住宅を建て、海を見ながらの生活をしたいと思い、以前から土地を購入していました。設計を依頼されてから、ご一緒に敷地を見に行きました。敷地に建つと素晴らしいロケーションで、海の先に三浦半島から、晴天の日は富士山まで見えます。

 

現在、設計の進行中ですが、どのポジションからも海が見え、海を見て暮らすための、ほんとうにシンプルなプランになりそうです。

 

長く待ち望んでいた海を見て暮らす生活。その思いを語るNさんの目は熱い。完成後は東京のご自宅と半々の生活になりそうとのことですが、Nさんの夢の実現に向けて頑張りたいと思います。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM