私の中庭(コートハウス)論  第二回

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 14:09

コラム 「私の中庭 (コートハウス) 論」  第二回

 

住宅環境の現状

都市住宅における敷地は、ますます細分化、狭小化をたどり続けています。狭い敷地において、

隣家とのプライバシーを守りつつ、いかに永続的に太陽の光と、通風を確保するかは、

都市住宅において、大きなテーマになってきています。にもかかわらず、敷地に対して建物を

セットバックし、前面道路側に、庭やガレージを配置する在来型プランが多く、ある日突然隣に

3階建てが建設されたり悲劇的な事例が後を絶ちません。設計段階の敷地の深い読み取りと、

有効利用が求められます。

 

中庭(コートハウス)の場合

中庭のある家 (コートハウス) の発想は敷地いっぱいに塀や建物を建てることにより (私の設計では

隣地との距離は30僉足場をかける最少寸法。状況によって隣地との間は10)

中途半端な空地を無くし、空地は全て庭か室内空間に取り込みます。つまり敷地全体を余す所

なく住空間として設計し、自然と人、室内と室外の緊密な関係を造り出す事にあります。

その結果、在来プランと比べて開放的で明るいプランが生まれ、中庭 (コート) の形状も、L型、

U型、ロ型など、敷地の形状に合わせて、自由なゾーニングができます。敷地が狭小になるほど、

中庭のある家(コートハウス)は有効になってくるはずです。

 

 

私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.07.23 Monday
  • 16:22

コラム 「私の中庭 (コートハウス) 論」 第一回 

 

はじめに

事務所のホームページを開くと画面に「中庭のある家」(コートハウス)が目に入ります。お客様から

「中庭のある家」だけしか設計しないのですかとか、どんなメリットがありますかという質問が

よくあります。 今回はそんな質問にお答えし改めて私の中庭論(コートハウス)を説明したいと思います。

 

 特に私の設計では、中庭のある家だけを多く設計しているわけではありませんが、 現在の悪化

する一方の住宅環境や、家族が置かれている現代社会の現状を考え、その中で住宅設計を捉えると、

「中庭のある家」(コートハウス)に設計の主眼を置く ことは間違いではないと考えたからです。

単にデザイン上やインテリア性の高さから設計のテーマにしてる訳ではなく、メリットといわれる、

通風、採光、防犯などは、大きなメリットではありますが、それも ひとつの要素と考えています。

 私は物理的なメリットより、中庭のある家(コートハウス)がもたらす精神的、心理的な

 影響のほうがメリットとして大きいのではないかと思います。

 中庭のある家(コートハウス)に暮らすことによって、家族そして、大人や子供、高齢者にどんな 恩恵や

変化をもたらすのか、物理的なメリットを含め何回かに分け掲載していきます。

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM