日当たりの良さと明るさについて

  • 2010.01.30 Saturday
  • 08:32


 このところお客様から「リビングや部屋に陽が当たるかどうか検討してほしい」という質問が事務所「All About 住まいの相談」へ多く寄せられています。

 それはそれだけ敷地の面積が狭くなり、敷地の廻りの環境が悪化してきている事がうかがえます。

 その結果、1階に陽が当たらなければ2階のリビングを検討したり、吹き抜けとトップライトで1階まで日当たりを良く出来ないかの相談が多くなりました。

 「 陽が入る」と「明るい」は別の話で、そこを混同している場合が多いようです。

 『陽が入る』 ようにしたいのか『明るく』 したいのかによって設計の手法が変わってくるのです。

 敷地、近隣の家の状況、将来の環境の変化の予測、などによって中庭案、2階のリビング、吹き抜け、トップライトなど様々な設計方法が選択されます。

 また事例を含めて考えてみたいと思います。


 現在悩んでおられる方は気軽にご相談下さい。  間取りをFAXで送っていただいても結構です。
    吉祥寺・中庭の家 
   中庭のコートに6m以上の樹木が植えられ、陽がどの部屋にも射し込みます。    


株式会社 横山彰人建築設計事務所
営業日時 :月〜金 10:00〜18:00まで
TEL / 03-3348-2808 (代表)
FAX / 03-3348-2829
メールでのお問い合わせはこちら














コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM