敷地 との 出会い  ・  敷地と建物 の話

  • 2007.11.22 Thursday
  • 10:08


 敷地を見に新しいクライアントと同行しました。
 クライアントは、一年半ほど休みのたびに探し回り、あきらめかけたころようやく見つかったと言う事です。
 私の事務所に決まるまで、何社かのハウスメーカーに設計を依頼したが満足できず、建築設計事務所に頼む事にしたそうです。

 クライアントと敷地との出会いは様々で、見つかるまでのプロセスは一つの物語が出来るほど紆余曲折があります。
 そんな家族の想いがこめられた土地、そして完成する建物や暮らしへの期待。

 建築家としてどんな設計をし、どんな環境を創って行くか重い責任を感じます。

 だからこそ始めて見る敷地は緊張もし、その敷地から何を読み取るのかは、設計を進める大きなファクターになります。


 





その土地の持つ歴史や風土性、風の匂いなど。   迷ったら再度その土地を訪れます。

 これから一年余にわたってクライアントとの共同作業が始まる、スタートの日でもあります。

敷地と建物 の話

どんな敷地であっても、その土地の持つ特性があります。
特性とは形状ばかりではなく、その土地の気候、風土、歴史、地霊など。

 分かりりやすく言えばその土地が以前山だったのか、湿地だったのか。

 また、どんなプロセスを経て街並が形成されたのかなどをどう読み取るかによって、クライアントの同じ与条件でも当然設計が変わってくるはずです。

 従って北海道から九州までどんな土地でも 同じ外観の間取りや建材を使う、 ハウスメーカーやや建て売リ業者の規格住宅は、どんなに設備が高度化し便利になっても 家づくりのポリシー としては、間違っていると思います。
 それは、金額の問題ではないのです。

 規格住宅は基本的に大量生産をめざし、経済効率主義の最優先を前提にしたものです。

 住まいという経済効率主義から最も遠いとことにあるはずなのに規格住宅は、地方も都会も関係なく、住まいの均質化や画一化を一気に促進したと言えます。

 土地、建物、そして環境。 豊かな環境はみんなの財産です。

 どんな敷地でも、その場に住まいを建てるということは、自ら環境づくりに参加すると言う誇りと責任を持ってもらいたいと思います。

 その結果としての建物は、環境に対してクライアントと建築家が共同で責任を持つという事でもあります。















コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM