京都  太秦・堀木ギャラリー  ・ 洛中 散 策    

  • 2007.12.21 Friday
  • 11:49


晩秋の京都を駆け足で巡ってきました。
 目的は以前仕事をしたクライアントの打合せ一件。 そして現在設計が進行中の住宅に 堀木さんの和紙を使ったデザインを検討するため、太秦(京都の西、東映映画村の近く) にあるギャラリーに行ってきました。

 ギャラリーでは約1時間ほどこれまで手がけた作品や、建築家とのコラボレーションの仕事の説明など、スタッフの方から聞きました。
堀木さんは和紙を素材に様々な可能性にl挑戦し、高い評価を受けている方です。

 以前クライアントと私は横浜の そごう美術館 で作品を拝見していましたし、特に照明を入れた時の和紙の表情の豊かさは、とても魅力的でした。
 
 今回の住宅ではリビングの吹き抜けの天井や、玄関ホールのオブジェや、空間を区切るパーティションなどを検討しようと思っています。

 様々な出会い、そこから生まれる感動、そんな気持ちを大切にしたいと思います。

洛中  散策

京都のこの時節は、紅葉が終わり観光客も少なく静かでした。冬枯れの木立には、紅葉した葉がわずかばかり、散り忘れたように残っていました。

 

 黒谷 ・ 真如堂



一面の落ち葉を踏みしめながら歩く 野の道 は、京都ならではの趣があります。

 堀木ギャラリーを後にして駆け足で、鳴滝のはずれにある 了徳寺 で師走のこの日に行われている行事、 大根だき で大根を食べに行きました。

 そして吉田山に近い私の好きな 黒谷の真如堂 界隈を歩き、祇園町北側の 京都現代美術館で 木村伊兵衛 写真展 を見て四条大橋に着いたのが6時。

 夜は陶芸家の友人と、高瀬川ぞいの小さな店でお酒を酌み交わし、長いような短い一日が終わりました。
 


 
















コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM