O 邸 新築工事  ショールーム見学

  • 2011.09.16 Friday
  • 11:50
ショールームめぐり 

ショールームへはよく建て主と同行します。設備機器や内外装の建材など一度は一緒に行って、その素材の質感や考え方を説明するようにしています。

今回 ご一緒したのは、Oさんがネットで見つけた設備機器や建材を扱うメーカーです。

工事契約をしても見積金額より安いものが見つかれば、事務所のスタンスとして施主支給であっても積極的に使っていくという体制をとっています。



ショールームで手で触れて素材感や実際の色をみることは大切です。



既製品でも在来工法であれば、設計の段階で寸法の調整をし、既製品の短所をある程度埋めることも出来ます。


■ 一口メモ

ショールームへ行く時は必ず設計図とメジャーを持って行ってください。

展示されている空間が大きので、眼の錯覚でこのぐらいの大きさならは大丈夫と思っても実際には入らなかったり、バランスがおかしかったりすることが多いのです。

また建材の色を決めるときも実際のサンプルをもらって、現場で確認してください。
色も、ショールームの明るい空間で見るのと現場で見るのとは随分違うものです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM