O 邸新築工事 間口が狭く奥行きが長い家

  • 2011.09.30 Friday
  • 13:53
コの字型・中庭のある家

地鎮祭が終わり、遣り方の前に敷地にテープで間取りをのせ、光や近隣との兼ね合いを見ます。

この段階ではなかなか完成のイメージが掴めませんが、設計図を見ながら確認しておくことは大切です。



Oさんも図面を見ながら感覚をつかんでいます。 いまOさんが立っている所あたりが中庭になるところです。



上を見上げると、3方(東、南、西側)が2階建ての建物に囲まれています。
風の通りと、採光をどのように取り入れるかが、設計のテーマのひとつになっています。

東京は建てるとき空地であっても、いつ隣に2階建てや3階建ての建物が建つかわかりませんので、どんな状況になっても風や十分な光を取り入れる設計の配慮はしておかなくてはなりません。



■ 一口メモ

この段階が過ぎると、遣り方、土工事、基礎工事と続き、なかなか敷地の中に入れません。

この機会に一階の間取り、近隣の窓、敷地の空き具合、外壁の色合いなどを確認しておいた方がいいでしょう。

季節によって太陽高度も違いますので、できれば午前中、午後、夕方の陽の入り方も確認しておくといいでしょう。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM