F邸 新築工事 二世帯住宅と中庭のある家

  • 2011.10.07 Friday
  • 13:38
 造作工事、配管工事

造作工事が始まりしばらくすると様々な設備の配管工事が始まります。



上の写真はガスの配管をしています。設備の配管としては、給水、温水、排水工事。
そして電気のコンセント、スイッチ、空調機の配管など様々な職種の工事が入ってきます。

この段階の配管工事は完成後建物の中に入って見えませんので、配管ミスが無いようしっかり確認することが大切です。




天井や壁にはしっかり断熱材が入ります。

両サイドの天井に高低差をつけていますが、低い方に間接照明を入れ天井を柔らかく照らします。

この住宅の照明計画は、照明器具を直接見せない間接照明を使っています。このことを建築化照明といいますが、この場合は下地の段階から、照明計画をすることになります。



■ 一口メモ  (家づくりを考えている方の)

特に注意すべきことは、お湯と水の場所の確認です。洗濯機や、便所の専用手洗い、ペットを洗う水場など、後で給湯の配管をしておけば良かったと思われる方も意外と多いのです。

また電気の配線等、住んでからタコ足配線にならないよう、この段階でチェックが必要です。

設計の段階でたくさん考えることが多く、照明計画に関しては業者に任せてしまうことがほとんどですが、夜の家族団らんの空間は、照明の役割はとても大きいものです。

どんな照明を使ってどんな室内の雰囲気にしたいか家族で検討し、設計の段階から盛り込んだ方がいいでしょう。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM