O邸 新築工事 間口が狭く奥行きが長い敷地 ・ 中庭のある家

  • 2011.12.02 Friday
  • 11:58
小屋組・トップライト

小屋の梁は、登り梁を使っています。全体が吹き抜けになる部分ですが、間口が狭いので、ゆったりとした空間を取るため、屋根勾配は6寸にしています。


北側斜線のため屋根勾配は北から登っています。北側の隣家が迫っているので、トップライトから採光を取り入れています。


既成のトップライトでサイズは1200×900。

光の量は900×900でもいいのですが、階下のダイニングから見上げた時、空間に対してトップライトが小さく見えるので、O邸では1200×900にしています。

防水シートをしっかり敷いて、屋根材はガルバリューム鋼板です。


■ 一口メモ(これから家づくりを考えておられる方のための)

登り梁は室内の空間を最大限有効に使い切る場合に有効です。
一般的には小屋組は伝統的な和小屋 が多いのですが、適正な登り梁は小屋裏を広く使うことの他に、資源を有効に使うという意味合いもあります。

トップライトは様々な長所を持っていますが、どの場所にどういう効果を期待するかは、設計者と相談したほうがいいと思います。

屋根のどの部分に設置するか、サイズ、機能(ガラスがFIXか開閉式)、トーメイか不透明、日差し調整の考え方等、検討すべきことはたくさんあります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM