建築化照明 間接照明

  • 2011.12.30 Friday
  • 08:25
 建築化照明

室内の空間や、夜の家族団らんの場にやわらかく演出する照明に間接照明をどう考えるかは大切です。
建築化照明は間接照明とも言いますが、設計の段階から組み入れ造作工事に大工さんに作つてもらいます。

少し造作金額はかかりますが、高価な照明器具を買うよりローコストにもつながりますが、手間がかかるのでHMや工務店は進んで提案しない工事かも知れません。


室内が固まつたこの段階から間接照明のための造作が始まります。

窓の開口と壁の部分が明確になれば自然光との割合がわかり、どの程度の間接照明の明るさにするか、その高さや位置を再度検討し決めます。


勾配天井にやわらかく光が広がります。
窓の上部の照明器具もカバー付きで光の量と方向を調整出来、アツパーで勾配天井上部を照らします。

最大4.5mある勾配天井面には照明器具は取り替えの事もあり、照明器具は付いておらず天井全体をやわらかく包むように計画しています。


廊下の天井は一搬的にダウンライトの照明器具を用いるケースが多いのですが、一部天井を上げて間接照明にしています。


右の階段はロフト階へ。縦の格子が美しく浮かび上がります。間接照明の光がが廊下全体にカバーしますので、高齢者にも優しい光です。




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM