建築化照明  間接照明 2

  • 2012.01.05 Thursday
  • 06:59
建築化照明の意味の問い合わせがありましたので少し説明します。

建築化照明とは、直接視界に入らない個所に器具を設置し、その光を間接的に利用する方法です。 照明器具だけでなく、内装材などを工夫して照明効果を引き出すことから、建築化照明といわれています。

私の設計でよく建築化照明を使うのは一般的な照明器具に比べて空間の広がりや明るさ感、そして照明効果として反射面から得られる柔らかな光と、その反射面がグラデーションで明るくなるという面的照明効果があつて高級感も演出できるからです。


木工事の段階から間接照明の下地を作つていきます。


照明が消えている時は、天井に照明器具がありませんからシンプルですつきりしています。


建築化照明は、限られたスペースにどのような部材をどのような寸法で納めるかや、その場所に納めて適切な照明効果を出すためにどのような照明器具を設置するかがポイントになります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM