『中庭のある家』 の間取り

  • 2012.04.16 Monday
  • 10:55
 『中庭のある家』 二階平面図   

この家には二つの吹き抜けがあります。二つの吹き抜けはこの住宅の重要な要素になっています。

中庭の吹き抜けは、南の陽の光を確保するとともに、その豊かな空間は暮らしの場を広げます。

また子供部屋を挟むダイニングルームの吹き抜けは、1階と2階を一体化させ、子供の気配が分かり会話が生まれます。

ふたつの吹き抜けの間には廊下があります。
一般的な家の廊下は部屋と部屋をつなぐだけの機能しかありませんが、この廊下は中庭とリビング・ダイニングの様子が分かり、家族がどこにいても気配が分かります。

    吹き抜けの天井にはトップライトがあり、1階から入った風がトップライトから吹き抜けていきます。

吹き抜けをやめるか小さくして、子供部屋を広くする案もあったのですが、1階から子供の様子が分からなくなることやダイニングから見上げた吹き抜けは限りなく豊かな方が気持ちがいいし、家族の団らんの場でもあるダイニング(食卓)を充実したほうがいいとKさんと相談し今の案になりました。


子供部屋の考え方

一般的に多くの子供は個室より家族がいるリビングやダイニングで勉強することが多く、子供部屋を
を考える時、家中が勉強部屋という発想に立って子供部屋以外に様々なところで勉強できるようにしておということも大切です。

子供部屋を出来るだけ小さくし、その分家族が一緒にいる場を充実することも選択肢のひとつです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM