柱 (はしら) の きず

  • 2008.06.10 Tuesday
  • 09:29


 今月から工事が着工する M邸は建て替えで二世帯住宅に生まれ変ります。
 
 この日はMさんと仮住まいへの引越しが終わり、解体される家での立会いです。



  「柱のきず
 一度消して上からまた刻まれているのが分かります


 家族の思い出がいっぱい詰まった 家。  がらんとしたリビングが寂しそうです。

 新しい家にかつて住んだ家族の記憶を何か残そうと思い、一本の柱に刻まれた「柱のきず」を残そうと思いました。

     はしらのきずは おととしの

     五月 五日の 背くらべ ・・・・・ 童謡 「背くらべ」  中山晋平 作曲

 毎年、五月 五日に家族みんなで刻んだ 柱のきず 。

よく見ると柱にはお父さん、お母さん、子供だった頃のMさん、お姉さん、お孫さん の背の高さが刻まれています。

 この柱を新しい家のどこに残そうか、設計者として楽しい悩みでもあります。













コメント
SECRET: 0 先生、ご無沙汰しております。両親と弟家族がお世話になっております。
昨年仕事でお会いして、横山先生になら実家をお任せできると安心しています。

就職して実家は出ましたが、しょっちゅう家族+仲間が集まる楽しい家族です。育った家がなくなるのはちょっと寂しい…でも、新しい家には新しい歴史が刻まれるのですね!

みんなが集まれる、すてきな家を造ってください。どうぞよろしくお願いします。
  • Mの姉です
  • 2008/06/19 9:28 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM