躯体工事

  • 2016.02.08 Monday
  • 15:59

 躯体工事.


骨組みの工事ですが、どこに力がかかっているか、使われている部材を見れば分かります。この段階で使われている構造材の他、金物や筋かいのチェックを行います。 敷敷地の前面道路が狭いので、クレーン車が入らないので職人さんはロープを駆使し組んでいました。何十年かぶりに職人さんの技を見た思いでした。 ガガレージと2階の間に収納のスペースを取っています。2階のリビングからと1階の廊下から使用できます。車1台分にあたいする収納なので大変便利です。 ししっかりした構造材を使用しているのが分かります。 ロロフト空間を見上げる。法的な斜線が三方からかかってしまうので複雑な小屋組です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM