住まいの相談

  • 2018.02.01 Thursday
  • 16:27

■住まいの家族空間  [子どもの居場所]

親の住まいに対する意識がどのようなものかによって、同じ3LDKや同じ間取りであっても住みこなしが全く違ってきます。

子どもは思春期まで遊びを通して成長発展していきますので、与える子ども部屋以前に、住まいの中にどんな遊び場を確保してあげるかが、大切になってきます。

子ども部屋で遊びも勉強もする場として位置付けても、親子で遊ぶ場がなければ意味がありません。テレビを中心としたリビングはオフィシャルな場とし、子どもと遊ぶスペースがない家が多いようです。それではどうすれば遊ぶスペースを確保するかことができるかというと、設計の工夫によって、限られた面積の中では、こんな解決の仕方があります。

子ども部屋の平均の広さは6帖ですが、出来る限り子ども部屋を狭くし、(3帖〜4帖) その分リビングを広くし、テレビ中心のリビングからこどもと遊べる家族空間を考えたほうがいいと思います。

「家中が子ども部屋」という意識の下、空間の使い方を変えることによって、子どもは遊びを通して成長し、自分で自分の居場所作りができる力を、身に付けていくはずです。 次回◆。卸遑呼

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM