住まいの相談 

  • 2018.02.08 Thursday
  • 16:58

住まいの相談  「大人の居場所」

住まいに、「自分の居場所がありますか」という問いに明確に、ここだと言える人は少ないようです。本音は夫は自分の書斎、妻は自分専用の落ち着ける場や家族空間がほしいと思っても、2LDK、3LDKの中で実現することは難しいと、あきらめている方が多いようです。

これまで、家づくりの主な動機は「子どものため」が最も多いことからも、子ども優先の間取りで、家の中で最も環境のいい場所や、広さも6帖以上与えられています。それに引き替え親の寝室は、寝るだけのスペースしかありません。夫婦の会話時間は統計では、年々短くなっています。原因は様々ですが、その一因として、住まいにも原因があると考えています。また家族のだんらんの場であるリビングルームも、テレビを見るだけの場ではなく、子どもの遊び場を含めた、多目的な場となるよう設計の工夫も必要です。

ストレスの多いこの社会で、自分自身が自己実現していくには、自分を振り返る場や、再生産する場が必要と考えます。無理とあきらめず設計者に相談すれば、様々なアイデアを提案してくれるはずです。

規制の決められた間取りの中で、家族の暮らしを合わせるのではなく、家族のライフスタイルに合った家族空間や居場所をつくることは、今後の大きなテーマになるでしょう。 

※現在の間取りを考えたい方、新築の間取りで悩んでいる方、「住まいの相談」にご連絡ください。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM