私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.08.03 Friday
  • 14:38

コラム 「私の中庭(コートハウス)論」  第五回「夫婦と中庭(コート)」 (1)

 

住まいにおける夫婦にとっての中庭(コート)

これまで子どもにとって「中庭(コート)のある家」が成長過程でどう影響するのかその関係性を述べて

きましたが、中庭(コート)はむしろ夫婦や高齢者つまり、大人にとって必要なのではないかと思います。

住まいの今日的状況

これまで家づくりは、その動機も「子どものために建てる」が最も多いように、以前から子ども中心の

家づくりをしてきました。たとえば、子ども部屋の位置は、環境の良い場所を占め、それに引き替え、

夫婦の寝室は狭く寝るスペースしかないのがほとんどです。高齢化社会になって、男女とも平均寿命も

大きく延びました。家族のライフスタイルを考えたとき、子どもの部屋が必要なのは仮に小学4年生頃

から大学を卒業し,就職までと考えると14、5年ほどのことでその後、夫婦で過ごす20年〜30年の

時間のほうが圧倒的に長いのです。

家族は空間と共にあって、空間の占め方で家族の人間関係も大きく変わってきます。子ども中心の住まい

から、夫婦を中心に過ごしていく住まいを視野に入れながら家づくりを考えるべきだと思います

なぜなら子供が巣立って行っても、その後の子ども部屋の有効利用は考えられていません。子ども部屋は

空いたままか、物置か、妻が子ども部屋に移って、夫婦別寝室になるかいずれかで、家全体を見直す

リフォーム等も考えられていないのが現状です。住宅産業は便利、快適な商品には熱心ですが、住まいの

ソフトの部分は、何の提案もありません。

 

家庭内別居や離婚はどの年代にも多く、原因も小さな不満の積み重ねが元になっていると思えますが、

その不満には往々にして住まいがかかわっているケースが多いのです。その不満の原因を吟味してみると

お互いの居場所がどれだけ確保されているかにたどり着きます。

子育てに専念する20代〜30代、子どもの学校が終わり家を出る40代〜50代、その後夫婦で過ごす

生涯の時間。それぞれのシチュレーションの中で、家族から個人として住まいに求めるものも変わります。

一人で過ごす時間と空間は、この時代ほど必要と思いながら、私の設計する家でも夫の書斎が求められても

妻の個室はありません。データでは、8割以上の主婦が個室を求めています。

子育てに疲れたとき、誰にも邪魔されず一人で読書をしたいとき、ストレスを解消したい時、住まいの中で

見つけられますか。そんな時、住まいの同室空間の中に自然の中庭(コート)があれば心は癒されるはずです。

 

※ 次回「私の中庭(コートハウス)論」 第六回 「夫婦と中庭(コート)」(2) は8月7日(火) に掲載予定です。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM