私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 17:23

コラム 「私の中庭(コート)論」 「中庭(コート)のある家」のデメリットといわれることについて (2) 第十一回

 

この回では、中庭(コート)ある家のデメリットといわれる項目について、述べていきたいと思います。

 主なデメリット

 ヽ以匹多くなるため、建築費用が上がる。

◆(震矛曽が凸凹になるため建物の強度が得にくい。

 動線が長く、複雑になる。

ぁ|翊蹐北明僂鮖箸Δ燭瓠居室スペースが小さくなりやすい。

ァ〜襪大きくなるので、断熱性能が落ちやすい。

 

上記のデメリットは、インターネットに掲載されている数社からピックアップしたものです。結論から言いますと 銑

においては、設計者と施工者のレベルが高ければ解決できる項目ばかりです。少し難しい言い方になってしまいますが、

在来の建て方ならば、仮に建築がお粗末でも庭の植栽などによって住居全体の質をカバーできる部分もありますが、

中庭(コート)のある家は、敷地全体に親密度が高まるため、デザイン密度や建築の質を上げることが求められます。

従って設計者選びに失敗すると、デメリットといわれる項目が、現実的なものになってくると思います。それだけ設計者の

実力が問われるといってもいいと思います。

,魯妊瓮螢奪箸涼罎任睇頭格のようですし、お客様にとって最も心配な所です。少し長くなりますが、説明しますと

家の総工事金額は、大きく分けると、構造、基礎といった躯体工事、造作、内装、設備、外構工事に分けられます。

中庭(コート)があるL型、ロ型といっても一般の建物とくらべて技術的に難しい訳ではありませんから、大工さんを含めた

職人の手間は、面積が同じであれば、特に変わりません。また凸凹があって、外壁の面積が増え壁材が増えたところで

それほど大きな金額にはなりません。むしろ中庭(コート)を採用することによって、金額が減額になる部分もあります。

もともと中庭(コートハウス)のある家の設計は、敷地いっぱいに建てることにより、中途半端な空地をなくし、空地はすべて

中庭(コート)として生かそうとする発想です。従って隣地境界いっぱいに建てますから、玄関に面する以外の塀工事は

不要になります。その結果、私の事務所では総工事金額では中庭(コート)のある家が一般の家より建築コストが高い

ということはありません。

 デメリットとして建築費用が上がると指摘するなら、中庭(コート)のある家にすることによって、不要になる工事、

  減額になる項目も同時に取り上げないと、建てる方の不安を煽るだけになってしまい片手落ちではないでしょうか。

  塀のほか、隣地境界に接する壁面には、最少の風通しや換気の窓しか設けませんので、その分金額は抑えられます。

     建築工事金額が上がることを心配されて、中庭(コート)ある家に魅力を感じながら、断念する方も多いのですが、

  心配なく挑戦してもらいたいものです。悩んでいる部分があれば、ご相談ください。

 

,寮睫世長くなりました。◆銑イ麓_鵝第十二回として掲載します。

 

 

  

  

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM