私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 17:13

コラム 「私の中庭(コート)論」 「中庭(コート)のある家」のデメリットといわれることについて (3) 第十二回

 

この回では、前回デメリットで上げた◆銑イ泙任旅猝椶鮴睫世靴討います。どのデメリットも設計の工夫によって解消できます。

 

∧震矛曽が凸凹になるため建物の強度が得にくい。

私の考えは、どんなに良い建物でもそのために、建物の構造が弱くなってしまうのは、論外です。また建物は一般に正方形や長方形の形が構造的に強いと言われますが、室内の間仕切りや、構造壁のバランスが悪ければ、地震には弱い建物になってしまいます。

L型やロ型であっても、壁量のバランスを考え、壁、梁の補強やL型の場合は地中梁繋げたり、梁を回して強度のバランスを取れば強度が落ちる心配はありません。

 

F粟が長く、複雑になる

私の経験から、中庭(コート)のある家を作っても、動線が複雑になることはありません。それは悪い事例を取り上げている

のではないかと思います。どんなに魅力的な中庭(コート)を作っても動線が複雑になっては、家族の会話やスキンシップが

取れない事態につながっていきますのでいい結果にはなりません。私の設計の場合は、限りなく廊下0(ゼロ)に近い間取り

を心がけています。従って間取りはシンプルです。廊下が多くなるとコスト的に無駄であるばかりでなく、どうしても家族の

気配が分かりにくくなり、家族のコミュニケーションも取りにくくなってしまいます。

リビングダイニングルームを中心とした空間を、無駄な空間を作らずどうつないでいくか、設計のポイントになります。

 

っ翊蹐北明僂鮖箸Δ燭瓠居住スペースが小さくなりやすい

内容はと一部重複しますが、中庭(コート)を作ることによって居住空間が減ることは全くありません。前にも記載したように中庭(コート)を作る場合、建蔽率を守ったうえ建物を隣地境界線に接近させることによって、中途半端なスペースをなくし

空地は全て中庭に生かそうとする建て方ですので居住スペースが小さくなることはありません。必要な居住面積を確保しつつ中庭をどう生み出していくか、設計の工夫のしどころです。

 

チ襪大きくなるので、断熱性能が落ちやすい

住まいの快適さは、風通し、居心地の良い間取り、気密性など全体のバランスの上に成り立っています。快適さや空間の豊かさを実感できる、吹き抜けやトップライト、そして窓の大きさにしても、熱損失をカバーし断熱性能を上げる断熱サッシや床暖房、通風計画など設計の方法によって解決できますので心配はありません

 

上記の説明では十分ではなかったかもしれませんが、私にとってはデメリットといわれることは、デメリットと感じません。

建築ばかりでなく、どんなものでもメリットとデメリットは背中合わせにありますが、住まいの場合は、デメリットに

なりやすい部分を理解しながら、設計の方法や工夫によって中庭(コート)のメリットを最大限に生かす設計が求められるように思います。

※ デメリットの項目でさらに詳しく知りたい場合、またご質問があればお答えしますので、メールにてご連絡ください。

※ 次回はまとめとして、再度「中庭(コート)のある家」の魅力を考えてみたいと思い案す。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM