我が子を「ゲーム依存」、「引きこもり」にさせないために  一建築家の提言 3

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 16:51

■ 第三回 『ゲーム依存症、引きこもり、にならない子ども』  −生活動線と親子のルール  −

 

 前回は、子どもが「ゲーム依存」、「引きこもり」にならないためには親と子の信頼をベースにしたルール作りと、会話が自然に発生しやすい環境、つまり家の構造や間取りが大切と記しました。まずルール作りから考えてみますと、子供の成長過程で、どんな親と子のルールを決めたらいいのでしょうか。子どもの精神年齢や性格によってルールも変わってくると思いますが、下記のことが有効ではないかと思います。

 ^貽のゲーム時間を明確に決める。 (30分とか1時間とあらかじめ決めておく)

◆.押璽犁,鯢屋に持ち込まない。   (ゲームをやる場所はダイニングかリビングと決めておく)

 ゲーム機を置く定位置を決める。   (リビングとかゲーム機の置く定位置を決める)

ぁ.押璽爐硫欟發蓮○までと決める。 (課金をあらかじめ決め心のブレーキをかける)

 親と子どもの間では、一度決めた約束を破ったらペナルティを課すことも考えてよいと思います。また子どもはほかの子がゲーム機を持っていれば当然ほしがりますが、親の方針として、ゲーム機を持たなくても生活に支障がない間は、できるだけ持たさないようにするという考えがあってもいいように思います。

 これは子ども部屋の与え方とも共通しています。子どもは物心がつくと自分の部屋をほしがりますが、、子どもの成長の度合いを測りながらどの時期に、どんな広さの部屋を、どんなルールを作って与えるかは大切です。しかし、親の役目としてもっと大切なことは、現実の生活にはワクワクすることがたくさんあることや、夢や創造性のあることに目を向けさせることなど、ゲーム以外の楽しみを子どもと共有していくことによって、間接的に「ゲーム離れ」を誘導することのほうがもっと大切ではないかと思います。

 

 子どもにとってゲーム依存がより深刻な問題として考えられるのは、発達段階の子どもの脳は、成人よりもゲームの刺激をダイレクトの受けやすいので、ゲームのプレイ時間をコントロールすることが困難であることが指摘されています。自分で制御できなくなった子供が、引きこもりになっていきます。ゲーム依存症は歴史の浅い病気であることから、治療の手当てが遅れていることも事実です。それだけに家庭の中で親が子どもとの間で、ゲーム機の取り組み方を真剣に考えておく必要があります。

  次回、第四回は、家族の会話が自然に発生しやすいリビングダイニングのありかたや、リビングダイニング、子ども部屋、親の寝室の動線について考えてみたいと思います。

※ 文中においてのご意見、ご質問、間取り等のご相談はメール、FAX(03 3348 2829)にてご連絡ください。

 

【問い合わせ先】横山彰人建築設計事務所

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM