コロナ後の住まいづくり −見えてきた間取りの不満・疑問・改善点ー

  • 2020.06.21 Sunday
  • 13:50

コロナ後の住まいづくり  −見えてきた間取りの不満・疑問・改善点ー

 

非常事態宣言が解除され、19日からは首都圏をまたぐ移動や、イベント、飲食店の時間、遊園地などの規制が解除されました。

しかし依然と新型コロナ感染者も多く、二次感染の不安を抱きながらの日々を余儀なくされています。

長い自粛生活によって変わったのは、テレワーク、在宅勤務といった働き方だけではありません。長い自粛生活は今まで気が付かなかった住まいについての不満、疑問、暮らし方について見えてきたこともあります。

設計を生業としているものとして、私なりの考え方、分析を試みてみましたので参考にしてください。

 

一緒に居る時間が長かったことによって夫婦・親子が住まいについて感じたこと

 ―擦泙い里匹海砲蘯分が落ち着ける居場所がないことに気が付いた。 (イライラやストレスなど疲労が蓄積)

◆ー分一人になって仕事に専念できる部屋がない。          (小さくても自分の部屋が欲しい) 

 部屋数だけが並んだ住まいはリビングも狭く、心に余裕が持てない。 (座ればテレビしか見れない広さ)

 

新型コロナウイルス感染予防で改善したい点

ぁ仝軸悄Ω軸悒曄璽襪房蠅鮴えるオシャレな手洗い場が欲しい。    (洗面所まで遠く手を触れてしまう)

ァゝヽ4控(電気による換気)でなく自然の風や通風が通るようにしたい。(廊下など風が通らず、換気が悪い)

Αヽ阿ら帰ったら玄関近くで着替えをしたかった。クロゼット必要。  (玄関近くで着替えと手洗いをしたい)

 

´↓については以前からnLDK形式(2LDK、3LDK等)の間取りの欠点として指摘されていました。しかしハウスメーカーや住宅産業が画一的な2LDK、3LDKといった住まいを大量生産してきた結果、購入する側も選択の余地がなく、間取りに合わせた暮らしをせざるを得ない状況でした。図らずもコロナウイルスによって、長期にわたる自粛生活で住まいを深く考える時間が生まれたといってもいいかもしれません。

 

きキΔ呂海譴ら家づくりやリフォームを考える際参考にしてください。

 

※ 銑Δ慮直しは新築ばかりではなくリフォームでも設計の工夫によって十分可能です。あきらめずご相談ください。

 (ご相談はメール、FAXにてお願いします)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM