私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 14:46

コラム 「私の中庭(コートハウス)論」   第四回 「子どもの成長と中庭(コート)」(2) 学童期・思春期

 

「子供の成長に必要なこと」 

就学前や小学低学年の子どもにとって、家は遊びの場として機能が求められますが、小学4年生頃から、

家族という認識や、プライバシーの観念、そして自分だけの部屋を求める欲求がめばえます。同時に、

協調性、創造性、そしてコミュニケーション能力を育む大切な時期であり、失敗すると家庭内暴力や、

不登校に発展するといわれています。

以前の社会は、子どもの成長過程におけるしつけや、上記の項目は、家庭、学校、地域社会がその役目を

担っていましたが、学校と地域社会はその機能が崩壊し、家庭だけが責任を負うことになりました。

特にこの時期の子ども部屋の与え方、その時期、どんな部屋といったことが大事になってきますが、

親としてあまり考えず、子どもには子ども部屋と機械的に個室を与えている場合が多いのが現実です。

子どもの成長過程で「家族空間」(家族の人間関係を含んだ生活空間)という意識を持つことが大切です。

 

学童期・思春期における中庭(コート)の効用

学童期・思春期の子供にとって「中庭(コート)のある家」はどんなかかわりが生まれるでしょうか。

 「誰も見ていない場所」、「誰も見ていない時間」をできるだけ与えない部屋は、いい子ども部屋の

 一要素だと思います。「中庭(コート)のある家」は中庭を囲むように、リビングや子ども部屋が並び

 ますので家族がどこにいても子どもの気配がわかり声も届きます。

▲好肇譽昂攜困篆瓦竜鐓貊蠅箸靴突効

 学校や家庭などで子どもは、さまざまなストレスを受けます。また近年、ともだち関係を含めた

 人間関係が築けなくストレスがたまる子どもが多い。子ども部屋では勉強部屋と位置づけられている

 ので、ストレスの軽減は難しいでしょう。無目的な場である中庭(コート)は自然が包み込んでくれます。

 ストレスが癒され、居場所づくりにもいいはずです。

C翊(コート)の「家族の年中行事」

 隣家からのプライバシーが守られた中庭は、秋のお月見、クリスマスツリーの電飾やこれまで家の中

 出来なかった行事で、新たな親子のコミュニケーションが生まれます。

せ匐,寮長過程を見ながら、中庭いっぱいに遊び回れるウッドデッキにしたり、砂場、樹木、家庭菜園

 などにつくり変え、子どもとともに楽しむことができます。

 

「中庭のある家」(コートハウス)は、子どもの成長過程において「生きる力」を育む住まいと言えるかもしれません。

 

※次回「私の中庭(コートハウス)論」第五回は、8月3日(金)掲載予定です。

私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.07.27 Friday
  • 11:37

コラム 「私の中庭(コートハウス)論」  第三回 「子どもの成長と中庭(コート)」 就学前児童期

 

「子どもの成長に必要なこと」

住まいや住まい方は、子どもやその家族の暮らしと密接な関係にあることは言うまでもありません。

子どもにとって家中が遊び場であり、思春期に至るまで子どもは遊びを通して成長発達していきます。

遊びを通してテリトリー(なわばり)形成能力を育て、居場所も自分の力で見出していきます。

遊びの場がどのように確保されているかが大事なのですが、現実の住まいには部屋に家具や物も多く、

遊び場が奪われているのが実態です。また親自身がそのことに気が付いていないことが多いのです。

 

こんなデータがあります。5歳児が1日何歩、歩いているかの調査では、1987年には12000歩

1997年には8000歩、2000年には4900歩、近年では4000歩を割っています。

高層階のマンションに住む子どもはさらに少ないと言われています。遊ぶためのスペースを住まいの中

に確保する必要はそこにあります。

 

 

就学前児童期における中庭(コート)の効用

中庭のある家(コートハウス)のメリットは、明るさ、風通し、防犯などの物理的なこともありますが、むしろ

精神的、心理的に及ぼす影響のほうも大きいと第一回で話しましたが、子どもにとって中庭(コート)の

存在はどんな効用があるのでしょうか。

^汰瓦確保された遊び場として、室内では不可能な、創造的な遊びまで可能になります。

▲謄螢肇蝓(なわばり)形成力を育てる。用途が決められていない中庭(コート)はいい環境。

5鐓貊蠅箸靴討竜’

せ劼匹發覆蠅離好肇譽垢癒される場として、緑や花がある中庭(コート)は有効。(大人も同じ)

ッ翊(コート)の草や花は、子どもにとっても身近になり、情趣的な教育にも良い。

居場所について説明を加えると、居場所には2種類あります。ひとつは子どもにとって心地よい場所。

もうひとつは子ども自身で自分を発揮できる場所ですが、特に0歳から就学前児童期の子どもには、

心地よい場所を親としてどう用意してあげられるかでしょう。中庭のある家(コートハウス)はそんな選択の

場を広げてあげることでもあります。

 

※ 第四回は、就学児童期後の子どもと中庭のある家(コートハウス)を考えていきます。

 

 

 

 

私の中庭(コートハウス)論  第二回

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 14:09

コラム 「私の中庭 (コートハウス) 論」  第二回

 

住宅環境の現状

都市住宅における敷地は、ますます細分化、狭小化をたどり続けています。狭い敷地において、

隣家とのプライバシーを守りつつ、いかに永続的に太陽の光と、通風を確保するかは、

都市住宅において、大きなテーマになってきています。にもかかわらず、敷地に対して建物を

セットバックし、前面道路側に、庭やガレージを配置する在来型プランが多く、ある日突然隣に

3階建てが建設されたり悲劇的な事例が後を絶ちません。設計段階の敷地の深い読み取りと、

有効利用が求められます。

 

中庭(コートハウス)の場合

中庭のある家 (コートハウス) の発想は敷地いっぱいに塀や建物を建てることにより (私の設計では

隣地との距離は30僉足場をかける最少寸法。状況によって隣地との間は10)

中途半端な空地を無くし、空地は全て庭か室内空間に取り込みます。つまり敷地全体を余す所

なく住空間として設計し、自然と人、室内と室外の緊密な関係を造り出す事にあります。

その結果、在来プランと比べて開放的で明るいプランが生まれ、中庭 (コート) の形状も、L型、

U型、ロ型など、敷地の形状に合わせて、自由なゾーニングができます。敷地が狭小になるほど、

中庭のある家(コートハウス)は有効になってくるはずです。

 

 

私の中庭(コートハウス)論

  • 2018.07.23 Monday
  • 16:22

コラム 「私の中庭 (コートハウス) 論」 第一回 

 

はじめに

事務所のホームページを開くと画面に「中庭のある家」(コートハウス)が目に入ります。お客様から

「中庭のある家」だけしか設計しないのですかとか、どんなメリットがありますかという質問が

よくあります。 今回はそんな質問にお答えし改めて私の中庭論(コートハウス)を説明したいと思います。

 

 特に私の設計では、中庭のある家だけを多く設計しているわけではありませんが、 現在の悪化

する一方の住宅環境や、家族が置かれている現代社会の現状を考え、その中で住宅設計を捉えると、

「中庭のある家」(コートハウス)に設計の主眼を置く ことは間違いではないと考えたからです。

単にデザイン上やインテリア性の高さから設計のテーマにしてる訳ではなく、メリットといわれる、

通風、採光、防犯などは、大きなメリットではありますが、それも ひとつの要素と考えています。

 私は物理的なメリットより、中庭のある家(コートハウス)がもたらす精神的、心理的な

 影響のほうがメリットとして大きいのではないかと思います。

 中庭のある家(コートハウス)に暮らすことによって、家族そして、大人や子供、高齢者にどんな 恩恵や

変化をもたらすのか、物理的なメリットを含め何回かに分け掲載していきます。

 

 

Nさんの近況報告

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 13:55

Nさんからの近況報告とお礼の便り

 

千葉の房総半島、鋸南町に週末住宅が完成し3か月が経ったころ、Nさんからお便りが届きました。5年越しの待ちに待った週末住宅で、文面から喜ばれている様子や、第二の人生として海や、花々や自然を満喫している暮らしが目に浮かぶようです。

設計者としてうれしく、この仕事を続けていくことに自信を持つ、一時でもあります。設計のスタートから完成まで、東京から電車で3時間かけて行ったり、東京湾海ほたるを高速バスで往復したり、様々なことが全て懐かしく、楽しく思い出され苦労を忘れてしまいます。

デッキから見える夕暮の景色。遠く三浦半島やその先に富士山のシルエットが浮かびます。東京湾を時々大きな外国船のタンカーが横切っていきます。

函館・立待岬

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 20:18

函館・立待岬・石川啄木の墓

梅雨の合間、函館で高校の同級会があり、いつもの通り、駆け足で出席してきました。これまで函館は数回行き、観光の定番の夜景や煉瓦街など行きましたが、今回はどうしても行きたかった念願の「立待岬」だけに絞ってゆきました。

遠く下北半島と津軽半島が見えます。風は強かったのですが、ようやく来た岬だったので、長い時間海を見ていました。

ハマナスの花。一時は絶滅したそうですが、地元の方々の努力で再び毎年花が咲くようになったとのことです。

立待岬のすぐ手前にあり石川啄木と妻の節子、そして子どもも眠るお墓。

一時函館の青柳町に住んだ啄木は、函館を愛し、生前函館に墓をつくりたいとも言っていました。遠くに大森海岸を望むところにお墓があります。大森海岸で作った歌に、有名な 「小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたわむる」があります。

立待岬の突端に近いところに、与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑があります。いろんな歌碑を見ましたが、自然の岩石に陶板をはめ込んだ碑は珍しく自然の風合いがとてもよく、素晴らしい歌碑だと思いました。

O邸新築工事 9坪の狭小住宅

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 17:05

O邸新築工事 「9坪狭小住宅」 建て方

 

 

前面道路も狭いので、ようやく全景を撮ることができました。向かって右側の隣家とは15僂曚匹靴空いていません。足場も建てられないので、外壁のサイディングは内側から貼っていくことになります。

3階から見た街並みですが、周りの建物が密集している様子がわかります。

土地が三角形で変形していて、壁が直角になるところがないので、写真のように構造がかなり複雑になりました。

 

 

N邸二世帯住宅

  • 2018.05.17 Thursday
  • 18:30

N邸新築工事 二世帯住宅 「中庭のある家」

 

造作工事 棟上げが完了しすると、しばらくの間造作工事が続きます。この段階で完成を頭に描き、様々なチェックをします

勾配天井のトップには三つのトップライトがあります。

中庭の空間には足場がかけられています。約16屬涼翊蹐任后

 

L字型のリビングルームで南の光を十分に採りいれるため、大きな開口部を取っています。

1階ガレージと2階リビングルームとの間に、大きな収納スペースを設けています。出入りには上げ蓋式の入り口を設けました。

O邸 新築工事 狭小住宅

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 15:19

O邸 新築工事  狭小住宅  (敷地面積9,5坪)

 

基礎配筋工事

土間配筋はコンクリートを打つと、鉄筋が全く見えなくなってしまうためこの段階で、鉄筋の本数、間隔、被り厚さ、番線の締結状態など細かくチェックします。

敷地面積が9,5坪なので、隣地との離れはほとんどありません。

鉄筋が正確に5僖團奪舛貌っています。メジャーで確認していきます

被りの厚さ、基礎立ち上がりの納めなどチェックしていきます。

N邸新築工事 棟上げ完了

  • 2018.04.12 Thursday
  • 17:12

N邸新築工事 棟上げ完了

基礎の段階では小さく感じた建物も土台が敷かれ、柱が立ち、建物の輪郭が見えてくると、始めの印象がずいぶん変わってきます。

道路側から見た外観です。正面の屋根は片流れです。

正面に見える部分は中庭です。中庭を囲むように部屋が並んでいます。

リビングルーム天井は勾配天井で一番高いところにトップライトがあります。棟が上がると最初に屋根工事が始まりますので、鋼製建具

のトップライトは最初に取り付けます。

3階の屋上から見える緑の森は、深大寺公園の緑です。この日も気持ちのいい風が流れていました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM